TEL:0977-73-8002 平日9:00~17:00

医療・介護関係者様

病院・診療所のお医者様へ

お薬の服用状況が不安な患者様はいらっしゃいませんか?
「認知症やご高齢の患者さん薬の服薬状況問題ないだろうか?」
「他の医療機関を受診していたり、サプリメントを内緒で飲んでいるようだが、飲み合わせの問題や薬の管理はできているのだろうか?」
「想定よりも治癒の経過が良くない患者様、正しい服薬ができているだろうか?外用薬の使い方が正しくないのではないだろうか?」

医師の前では、お薬を正しく服薬していないことや疑問点などをお話する事にためらいのある患者様もおられます。薬剤師が患者様宅を訪問し、正しい服薬のサポートをし、医師に服薬状況などを訪問ごとにご報告いたします。

高齢者施設の関係者様へ

「ご入居者様のお薬の管理に、看護師・介護士などのスタッフの時間と手間にご苦労がございませんか?」
薬剤師に服薬管理を分業頂くことで、スタッフは一番注力したいご入居者様のケアにより多くの時間を充てることができます。
他科受診時の重複投与や相互作用のチェックを迅速に行い、服薬時点ごとに一包化し、氏名・部屋番号・用法・薬品名などを記載してセットする事で、服薬状況の向上や配薬ミスのを未然に防止します。

介護関係者の皆様へ

患者様と日頃ケアを通じて接する中で、服薬に問題があると感じることはありませんか?
「いつからあるのか分からないお薬が多数ある。」
「毎回処方されているが、あるお薬はどうも飲んでいないようだ。」
「嚥下困難なので、飲むのが辛そうなお薬がある。小さい剤型のお薬に変更できないだろうか?」
「便秘、下痢などの症状があるが、お薬の副作用ではなかろうか?」

服薬管理が必要がある思ったら、一度、ご相談してみてください。

居宅療養管理指導(薬剤師による服薬管理)は、介護保険によるケアプランの利用限度額の範囲外です。他の介護サービスへの影響はありません。